何気な日常の中で発見したこと。小さな驚き、喜び、幸せを感じ、発信していくブログ
by blanc
検索
カテゴリ
全体
自己紹介
展覧会
日常観察
佐藤卓
興味関心
写真
海外
おしらせ
未分類
以前の記事
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
小田急電鉄/特急ロマンス..
from グッドデザイン賞主催者公式ウ..
お気に入り
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おはしのおはなし。
c0090294_2312845.jpg


毎日の生活になじんで、その存在感を意識することがほとんどなくなってしまうくらい。
それくらい身近で、なじんでしまっているモノ…
それって実は偉大なグッドデザイン。

あなたの身近なグッドデザインには、何がありますか??




自分にとって、そんな身近なグッドデザインのひとつが「おはし」です。

ごはんをつまんで口にはこんだり、お魚の身をほぐしたり、卵をといたり、麺をつまんだり…
たった2本の棒きれで、何でもできちゃいます。

お箸があるから熱々でも大丈夫。

日本人の私にとっては、すごく万能。スプーンやフォークより断然使いやすい。

で、この上の写真の本ですが、「究極のお箸」という本で、東京にあるお箸専門店
「銀座夏野」さんによる本です。

実際にお店に行ったことも何度かありますが、なかなかおもしろいです。
いろいろな種類のお箸がいっぱいあって、まずは「こんなにいろいろあるんだ!」
とおどろきます。

なかでも、ユニークなのが「ラーメン箸」、「パスタ箸」、「納豆箸」、「豆腐箸」など、
専門分野をもったお箸達。

写真がなくって言葉だけでの説明になっちゃいますが、それぞれの特徴を説明すると、

「ラーメン箸」は中華麺が滑りにくいようにお箸の表面に溝が彫ってあります。
お箸に対して垂直に斜めにジグザグと溝が入っているんです。(想像してください…)

「パスタ箸」はパスタがつまみやすいように箸先がねじれています。ねじっと。

「豆腐箸」は、お豆腐をつまんでも切れてしまわないように、普通のお箸より先っぽが
少し太めで、角が面取りされています。

「納豆箸」は、豆腐箸よりもより先っぽが太くて丸くてちょっと寸胴。これで納豆を混ぜると、
混ぜやすい上に、おいしさが倍増するそうです。

うん…文章だとちょっと伝わらないですね…。

とにかく、何が言いたかったかというと、お箸は素敵な文化だって事です。
(だいぶ飛躍です。)

道具としても、すばらしいですが、おはしって日本人にとって、それだけじゃない気がします。

だから、きれいで正しいおはしの持ち方を小さい頃に、しっかり教え込まれるし、
(「しつけばし」なんてものがあったりするくらいに)
やっぱりお箸がきれいに持てないひとをみると、何だかがっかりしてしまうんだと思います。

たった2本の棒きれでいろいろに使えてしまう…
なんだか、とっても日本らしい。そんな道具だと思います。
[PR]
by mm07_d | 2006-08-29 23:51 | 日常観察
<< 佐藤卓:略歴 うーん…コーンフレークかなぁ… >>